「ネコ死にたまふこと勿れー溝淵和人捨て猫写真展」

溝淵和人

不幸な野良猫が増殖するのを防ごう、と地域猫活動を実践する動物ボランティア「Cat28(キャットにゃー)」代表。

静岡県浜松市の佐鳴湖公園を中心に7年間にわたり撮影を続けた捨て猫の写真展を浜松市内で開催。
「捨て猫の悲哀が胸を打つ。行政の対策が必要」と反響を呼んだ写真の数々をここに発表してくださいます。
溝淵さんは、「悲惨な猫の姿は、人間の身勝手さを映す鏡。目を逸らさず、現実を知って」と訴えます。

写真展会場では一切の注釈を付けずに公開された写真の数々ですが、アニマルクラブホームページでは、代表の阿部がその哀しすぎる姿に祈りと鎮魂を込めて、拙いうたを添えさせていただきました。