あまえっこハナちゃん

《あまえっこハナちゃん》

(柿沼ハナちゃん)
被災後まもなく、泥だらけの町をさ迷っていたところを、避難所まで連れて行ってくれた方がいましたが、苦情が出て、アニマルクラブに連れて来られたハナ。
当初は、余震の度にパニックになり、あちこち噛み壊して逃亡を謀りました。柿沼家に行ってからは…おおらかに育ててもらい、お母さんが職場までも一緒に連れて行ってくれたから、見違えるように穏やかな優しい犬になりました。
お父さんとのんびりお昼寝するハナは、辛い経験を乗り越えたようです。その後、元の飼い主さんがわかりましたが、今は遠くで暮らしているそうです。庭に繋 がれていたのがうまく外れて、津波の中を必死に生き延びたこともわかりました。余震が来ると、夢中で上によじ登ったのはそのためでした。
 名前は『ハナ』に変わりましたが、こうして幸せを取り戻したことを、前のご家族に伝えられたらいいなぁ、と思います。