『無二の親友になりました』

 長い間野良猫で、エサだけもらっていた「ダニー」。

ある時、体中にペンキのような塗料が付いたと不妊予防センターに連れて来られました。

ベタベタ汚れを洗われても切られても、じっと我慢する賢こさと、固まった毛の下の多数のダニの寄生が

可哀想で、、、、引き取りました。猫エイズのキャリアで、若くもありません。

そんなダニーの里親になってくれた佐藤さん。

初めて訪ねた日、ダックスの「はち」がギャンギャン吠えましたが、ダニーはびくともしませんでした。
  
    

 ダニーが佐藤家へ行って1年余、すっかり太って尿道結石になってしまい、この夏手術を受けました。

カラーを付けて眠るダニーに添い寝をするはち。

   

 そしてその次は、はちが去勢手術を受けて、カラーを付けられて、抜糸も終わったダニーは余裕しゃくしゃく。

   

 お食事時は、ふたり揃ってお兄ちゃんから離れません。「ダニーちゃん、病気になるから、おこぼれはありませんよ」

寒くなるこれからの季節、ふたりはますます仲良くくっついています。