1 >>  2 >>  3 >>  4 >>  5 >>  6 >>  7 >>  8 >>  9 >> 10 >> 11 >> 12 >> 13 >> 14 >> 15 >>
16 >> 17 >> 18 >> 19 >> 20 >> 21 >> 22 >> 23 >> 24 >> 25

V

焼却炉(しょうきゃくろ)(なが)れていくバケットのふたから、子猫の白い 前足(まえあし)がはみ出していた。

「何のためにうまれてきたの?」と、音なき声をのこして (き)えた。

ぼくらは見たよ。焼却炉の中、 (ま)(か)(ほのお)に包まれて、 (くろ)(や)(こ)げていく 動物(どうぶつ)たちの (からだ)を。

わけもわからないまま (け)された (いのち)のことを、ひとりでも (おお)くの人に (つた)えよう。

そして、できる (かぎ)(たす)けていこう。

だけど、ぼくらが助けられるのはほんの 一握(ひとにぎ)り。だから (ちから)(か)して下さい。

動物たちを (す)てないで!!

助けるためにあなたは (なに)ができますか?

戻る