1 >>  2 >>  3 >>  4 >>  5 >>  6 >>  7 >>  8 >>  9 >> 10 >> 11 >> 12 >> 13 >> 14 >> 15 >>
16 >> 17 >> 18 >> 19 >> 20 >> 21 >> 22 >> 23 >> 24 >> 25

 平成元年に 富谷町(とみやちょう)(た)てられた「 宮城県動物愛護(みやぎけんどうぶつあいご)センター」には、 独自(どくじ)動物管理(どうぶつかんり)センターを持つ 仙台市(せんだいし)(のぞ)県内(けんない)保健所(ほけんじょ)から、 住民(じゅうみん)(も)(こ)んだ 不要犬(ふようけん)と猫、それに (くさり)から (はな)れてうろついていたというだけで 捕獲(ほかく)され、 公示期間(こうじきかん)三日以上(いじょう)経過(けいか)した 放浪犬(ほうろうけん)が連れてこられる。  オートメーションの 工場(こうじょう)さながらの 処分棟(しょぶんとう)では、木曜日と金曜日、 (しゅう)に二回のペースで、 炭酸(たんさん)ガスによる 殺処分(さつしょぶん)作業(さぎょう)が行われる。 年間(ねんかん)処分数(しょぶんすう)は約8,000匹。   (な)き、 (ふる)え、 (たす)けを (こ)(いのち)が、 (こま)かい (ぼね)(はい)になるまでの 現実(げんじつ)(お)った----------

戻る  次へ